このままじゃまずい

今日はコントロールテストで100m走りました。
5日ぶりの練習でいきなりスピードを出すから結果は見えてました。

11秒0(手動)には納得です。
自己申告の目標タイムとぴったりでしたからね。

しかしながら、その動きをビデオで確認して愕然としました。

動きがおかしなことになっています。

特に感じたのは左右のアンバランス。
前々から指摘されていたことではありますが今日はひどかった。
傾きすぎです。

次に膝のつぶれです。これもひどい。
キックの時につぶれた分伸び上がっちゃうから
ガックンガックン上下動してます。

理想は接地したときの角度のまま
離地までスッと脚全体が後方に移動することなんですが
到底程遠いです。

それから、スタートもひどかった。
あまりにも早く立ちすぎです。
スタート技術は重点的にやってきたはずなので、
これが今日一番のショックです。

スタートが悪い原因の究明が出来ていないことがよく分かりました。
出直しです。

今日の走りが練習不足によって体力が落ち、動きが崩れていたのと、
現状の走りの悪さが相まって最悪の走りでした。

これからはもっとビデオ撮影を頻繁に行って
自分の走りがどれだけブサイクか自覚しないといけないですね。

あまりにも自分の走りを見ていなかったので、
感覚と実際の走りのズレは危機的な状況にあります。

それと、いい走りのモデル、感覚も分からないままです。
このままの状態を放置するのは大学院生として許されないことです。

ちょっとエマージェンシーモードでがんばります。
[PR]
by taji-kistan | 2005-10-12 23:28 | かけっこ【2007更新停止】
<< 日常の見方 例のチョコレート工場を見学して... >>