続・続履修問題

全国289の公立高校で履修漏れの生徒が計4万7094人、学校数で公立全体の7.1%、公立の履修漏れは全国で32都道県に上った。文部科学省の調査より 
時事通信)より抜粋 2006/10/30-11:00 履修不足4万7000人=公立高校で、文科相公表

そして、ついに学校への不信感をあらわにする高校生も登場してきたようですな。

全国各地の高校での履修単位不足問題で、北関東の私立高校に通う3年の男子生徒(18)が、毎日新聞に「時間割では『世界史』となっていたが、授業内容は『現代社会』だった」と「告発」を寄せた。各地の高校で問題が発覚しても学校側は問題であるとは認めていないという。高校生は「きちんとした説明がないのが気に入らない。『教育は人間形成のため』と言っておきながら、受験の結果を出すためには何でもやっていいというのは矛盾している」と学校側の姿勢に不信感を示している。 以下略
毎日新聞 2006年10月30日 3時00分履修不足:高3男子告発「学校は潔く認めて」 

少しでもまともな感覚をしていたら、今回の履修問題は「だまされた…学校ふざけるなよ」となるのは当然のことだろう。ただ、大事なお受験が控えているからそんなことどうでもいいと思っているのだろうか。

記事中で高校生が述べているように、「先生は『金を稼ぐために何をやってもいいというのはおかしい。社会のルールではやってはいけないことだ』と話していたのに、受験のためには何をやってもいいというのと同じではないか」である。今回違反した学校関係者は誰もホリエモンを批判できない、むしろ同類だってことだ。

いっそのことホリエモンを認めちゃえば??
[PR]
by taji-kistan | 2006-10-30 13:13 | 教育にモノ申す
<< 柿の種 デニス・ミッチェル >>