そうなんだ

産める病院が1年半で1割減…読売新聞全国調査
11月15日3時6分配信 読売新聞


 産科医不足の深刻化に伴い、昨年4月以降に出産の取り扱いを休止した病院が、全国で少なくとも127か所に上ることが読売新聞の全国調査でわかった。出産を扱う病院がこの1年半で約1割減ったことになる。休止は、地域医療の中核を担う総合病院にも及び、お産の「空白地帯」が広がっているほか、その近隣の病院に妊婦が集中し、勤務医の労働環境がさらに悪化する事態となっている。

 調査は、各都道府県が休止を把握している病院の数に、ホームページなどで休止を周知している病院への取材結果も加えて集計した。それによると、2006年4月以降にお産の扱いを休止した病院は132病院だったが、このうち5病院は、その後、産科医を確保するなどして再開にこぎつけた。また、来春までに休止方針を打ち出している病院も12か所あった。


こういうニュースを見るとふと思う。じゃあ、なんで産科医を増やす施策をとらないの?
[PR]
by taji-kistan | 2007-11-15 11:23 | 日常の出来事
<< アントニオ猪木酒場 代々木駅前マック13 時 >>