2005年 10月 27日 ( 1 )

結局再インストールかな

回復コンソールを手に入れて、ダメ元で壊れたレジストリの修復を試みました。

というのも、マイクロソフト社のサポートには、
「OEM機でこの手順の作業を行わないでください云々・・・」
という注意書きがあったからです。

OEM機というのはOriginal Equipment Manufacturingの略らしく、
要はほとんどのメーカー製のパソコンがこれでして、
最初からWINDOWSインストール済みで買ったらすぐ使えるパソコンのことです。
私のパソコンも東芝のダイナブック、当然OEM機です。

案の定ダメでした。
マイクロソフトの指示通りにし、レジストリハイブの入れ替えは成功。
死のエラーから抜け出しましたが、
セーフモードを立ち上げようとすると今度は違うエラーが出てきました。

lsass.exe - システムエラー
パスワードを更新しようとしたとき、このリターン状態は、
現在のパスワードとして指定した値が正しくないことを示します。

この後再起動=リブートを永遠と繰り返します。
こっちの方がかえってウザい・・・。

そして、マイクロソフトの忠告通り、
回復コンソールの修復コマンドにログインできなくなりました。
この症状になると、ネットで調べていても解決策が見つかりません。

マイクロソフトによると、OEM機は最初のパスワードが存在していないらしく、
回復コンソールを使ってレジストリハイブを初期化すると
たぶんパスワードも初期化するんでしょうね。
でもOEM機には初期パスワードは存在しないので入力しようがないという
事態になってるみたいです。

なってから気づくな!って話ですけど、すでにがけっぷち、
これやらなきゃ再インストールの身ですもん。怖いものはありません。

なんとかパスワードをいじれる方法があればいいんですけどね。
あと、自分と同じ道筋をたどって復活した人を見つけるとか。
でも、しばらく硬直状態が続いたので今日は断念。



ここからは、根本的解決にはつながらない話になります。

途中からKnoppixを使って避難したデータが
OS再インストールしたときどれだけ使えるのかに興味が移ってました。
データの避難がうまくいったので、かなり気が楽になりました。

あるいは、Knoppixでパーティションを仕切って、
Dドライブにwindowsを新しくインストールできないかと画策中です。

あと、WindowsのBootable-CDというものにも関心を持ちました。
Windows版Knoppixといったとこですかね。
微妙に違法くさい雰囲気もありますが、機会があれば作りたいです。


当面は学校のパソコンでもなんとかしのげそうだし、
幸い壊れた時期がよかったです。
修論まっさかりの時期ならば確実に俺も壊れてました。

こうなったら、Cドライブを意地でも修復してやりたいですね。
土日は時間があるので、また明後日以降悪あがきしてみます。


最後に、どうでもいいことなんですが、パソコンの話をしたら
一日に4人もこのブログに訪れる人がいました。

身内にも何も言わずかげながらやってるもんで、ちょっとびっくりです。
[PR]
by taji-kistan | 2005-10-27 21:13 | 日常の出来事