カテゴリ:いわゆる妄想( 55 )

ひとりごと

081223
大阪でマックのクォーターパウンダーが解禁されたとかで、大行列ができていたという。
たかだかハンバーガーのために何十分も並ぶなんて馬鹿馬鹿しいと思うんだけどね。

コンビニ受診という名前をつけられるほど軽症患者の軽はずみな行動が慢性化している。
訴訟対策で医療メディエーターというのがいる。

派遣はいつ契約更新を打ち切られても仕方ないとは思うが、派遣切りというのはそもそも大丈夫なの?

まめな人とストーカーの違いはKYかどうかだと思う。
知られたくないとこまで踏み込まないしタイミングを考える。
[PR]
by taji-kistan | 2008-12-23 02:45 | いわゆる妄想

無意識

無意識にやっていることというのは、意識しなくてもできるから簡単かというとそうではなく、長い間をかけて高度に自動化されてるということ。
それ故に修正が難しい。クセと呼ばれるものが典型例だ。
まずはなにをどう自動化しているのか気づくことから始まる。
その次に正しいプログラムを長い間をかけて覚えこませなくてはいけない。
得てしてクセになっているものは無意識に十年単位で放置されていたりするもので、それが人並みの忍耐力が続くような短い期間では直るはずがない。一年以上、すぐには効果が実感できないのを我慢に我慢しているうちにようやく少し直るものだ。相手は10年選手、甘いものではない。
[PR]
by taji-kistan | 2008-03-12 00:43 | いわゆる妄想

営業前の独り言

誰かのために働くんじゃない。自分のために働くんだ。家族のために働くのではなく、家族を養うのも自分のため。全部の責任は最後に自分が受け止めるしかない。それを家族のため、あるいは会社のためと他の理由に押しつけていたら成長できないし、絶対楽しくない。
[PR]
by taji-kistan | 2007-07-10 09:26 | いわゆる妄想

最近の流行りか…

ストレートな恋愛メッセージを歌う歌が蔓延している。湘南ノ風、SEAMO、GREEN、クレバとか。悪くはないけどね。うまいなーって感心できないの。メロディーやウ゛ォーカルを楽しめないのが辛い。英語の歌って意味分からなくてもいい曲だなって思ったりするけど、湘南ノ風の純恋歌なんか例にとるとサビ以外正直厳しいかな。メッセージで歌唱力ごまかしてるというか、今のニーズとしてメッセージがよければ歌は二の次なのか。楽曲としてのバランスが悪いんだよなー。
批判ばかりしてもつまらないので、そんな自分はm-floは心地よい音楽聞かせてくれるなと思う。伊藤由奈の新曲もいい。
[PR]
by taji-kistan | 2007-07-08 12:40 | いわゆる妄想

ヒットチャート

売上や、観客動員数が多ければいい曲であり、映画であると思っている人が日本にはどれくらいいるのだろうか。

自分にとってヒットチャートはどれだけうまい売り方、プロモーションをしたかの指標にしかすぎない。つまりどれだけ広告に金をかけたのかということだ。

たまに、無名のアーティストが売れたりするのは、本当にいい曲だからみんなが聞くのだろうけど、ヒットチャートの上位を賑わす常連はさんざんプロモーションされているのだ。

観客動員数に対してどれくらいの広告費をかけたのか、実際に見た人の感想がどうだったのかを考慮に入れないで、単純に売上や観客動員数だけで、作品の良し悪しを語られてもうんざりするのだ。

自分の周りにも売れてるからいい作品なんだ、という理屈の人間がいて困る。それは、ただ売り手サイドのマーケティングにはめられてるだけなんですけど…

1年後にその映画見て本当におもしろいと思う?まともにその曲聴ける?

まあ、売り手にはめられようが楽しめればそれでいいんだけどね。ただ、主体性を持って物事の良し悪しを判断できるようになりたいよね。

ヒットチャートを価値判断に使うのってちょっと恥ずかしいんじゃない?という戯言でした。
[PR]
by taji-kistan | 2006-12-11 06:15 | いわゆる妄想

ひどいな

テレビ局のリポーターは相手が犯罪者なら何をしてもいいと思ってるのだろうか。

若手のヤツがノーコメントの相手に対して偉そうに「答えてください」なんて言っているのをみると、てめー何様なんだと思ってしまう。

たしかに、犯罪者の口からいろいろ聞きたいこともあるけど、少なくともああいう無礼なリポーターに対してなにか話そうという気にはならないだろうなと思う。犯罪者になるつもりはないけど。

邪魔だと言われてもしつこくつきまとう行為はそもそも犯罪なのではないだろうか?法律はどうなってるんだろう?

テレビを見るたびにリポーターのうっとうしさばかりが目に付く。

その一方で…

悪魔の企みは美名を纏ってやってくる 

ジャーナリストの櫻井よしこ氏が人権擁護法案について、ブログでコメントをしていた時に使っていた言葉だ。(『週刊ダイヤモンド』 2002年3月9日号オピニオン縦横無尽 436回に記事)

だいたいお役所の考える法律には、一般大衆に受けのいいオモテの意味と、本当に恩恵がある人達向けのウラの意味があるっていうことですな。

そうやって何も知らない一般市民は騙されて、気づいた時には後の祭り、一回決めたルールだから覆りませんって話になるんだね、あーこわい。

人権擁護法案の場合、俺が嫌悪感を抱くような付きまといはなくせるが、その裏で不正を働いたお役人達(つまりこのルールを決めた側)が黙っていても追求されないで済むようにしようとしているっちゅうわけね。

こういうズル賢さのために、東大やらなんやらで勉強していたのかと思うとちょっと悲しくなる。
[PR]
by taji-kistan | 2006-12-10 02:45 | いわゆる妄想

インプット馬鹿

アウトプット能力さらに詳しく言えばアウトプットする情報量のコントロール能力が必要だなとつくづく思います。

人にものを教えたり、動かすためには、自分の考えていることを相手に浸透させなければいけないわけで、そうするためには相手に伝わるために最適の情報量を供給しなければなりません。少なすぎれれば重要な情報が抜け落ちるし、多すぎれば消化不良を起こします。

テレビや新聞で難しい言葉を並べたてる専門家は相手のレベルを想定していないので、言いたい放題言えますが、現場はそうはいかない、相手のレベルに応じて常日頃供給する情報量をコントロールする必要にせまられます。

テレビで専門家が発言しているのを見て、「この人はきっとすべてを分かってるんだろうな、でもぜんぜん理解できないや」って僕もよく思います。これで「理解できない自分が悪い、がんばって勉強して理解できるようにしよう!」という向上心をみんなが持ってればいいですが、まあそんな世の中うまくはいきませんね。

特に義務教育ではやらされている感が非常に高い。それなのにどこぞの評論家のように自分の知識をそのままアウトプットするような教え方をしたのでは生徒は絶対についてこない。

むしろ、インプットしたものはたいしたことなくても、うまくアウトプットすればみんなはよく話を聞いてくれる。

具体的には身近なものにたとえる事等だと思います。辞書的な定義を見てすぐに理解できる人はそれだけでひとつの才能を持っていると考えたほうがいい。一般の人にとってみればそれは日本語の形をした暗号です。

ある言葉を人の揚げ足を取るのが大好きな変態ども(研究者)にも一切批判を許さないために厳密に厳密に言葉を定義していったらもはや一般人には意味の分からない次元に飛んでいってしまいます。でもそれが日常でどういう時に使われているのかを聞くと、なんだそうなんだ、と案外あっさり分かったりします。

そして僕みたいな中途半端な修士の人間は一般人と研究者の狭間で板ばさみになるのです。
[PR]
by taji-kistan | 2006-10-19 02:30 | いわゆる妄想

負の連鎖

最近やたら多いんだよね。放火の連鎖、子供の誘拐、エレベーター事故、回転扉事故の連鎖、ちょっと前は電車トラブルの連鎖に、自殺の連鎖なんてもんもあるっけな。

まあいわゆる過剰反応ってヤツなんだろうけどな。一つでっかいことが起こると、それにまつわる出来事は今まで気にしてなかった小さなトラブルまでもニュースになってしまう。ニュースの後に急に事故が増えたように感じてしまうのはそういうマスコミのマジックだろう。

放火なんてのは、ドロドロしたものを抱えてた少年少女が、テレビなんかでニュースを見て、あーそっかその手があったんだ、とばかりに真似しているんじゃないかと思う。

マスコミの情報収集能力は恐いな。いくらでも世論をでっちあげることができる。その犠牲になった人がたくさんいるんだろうな。
[PR]
by taji-kistan | 2006-07-05 23:19 | いわゆる妄想

コントロール

クセ、無意識を消す、あるいはそれらをうまく利用する事。自分の何%をコントロールできるかどうか。そのために人間がどういう特徴を持っているのか知ることは決して損ではない。なにも意識しないとこうなっちゃうよという傾向は必ずある。そうなりたくないなら意識するしかない。例えば、嘘をつくと無意識な違いが出てばれると言うが、嘘をつくときに出る反応を理解し、意図的にその逆にふるまえばばれないということでもある。人間に交じって暮らしているから人間の無意識の部分をこれまた無意識に学習しているのだ。
[PR]
by taji-kistan | 2006-06-22 04:15 | いわゆる妄想

モテルということ

人から評価されたり、もてたければ、相手の価値基準に合うように行動することだ。しかも、それを相手に悟られないようにさりげなくできる。こうしたらいいだろうと考えたときにその根拠が自分の主観ではなくて、客観的なものになっているかチェックする事が無難だ。できる人、モテる人はそれができる。他人の評価なんか気にしなければいいというのも一理あるが、他人から評価されないのもかなり精神的につらい、バランスよくね。
[PR]
by taji-kistan | 2006-06-19 18:09 | いわゆる妄想