ジャンクガレージ@大崎

平日土曜の18時半~23時限定の店。大崎駅から百反通り沿い、think parkビルのエスカレーターを下って、デニーズやコムフォーの横を通り、あとはひたすらまっすぐ。百反通りにぶつかるところにある。看板がない。8席しかないのですぐ行列になる。
メインのまぜそば以外にラーメンもある。特製まぜそばは辛みとベビースターがプラスされている。トッピングを選べる。
かなりどぎつく、自分には辛かった。ジャンクフードですな、あれは。
[PR]
# by taji-kistan | 2008-10-09 15:49 | ラーメン食べた

めじろ@代々木

スープはこれぞ和風ダシって感じ。味がしっかりしていてあっさりしているスープは嫌いではない。麺も細麺で食感がいい。これは当たりかな。
さすが一杯750円とるだけのことはある。
[PR]
# by taji-kistan | 2008-10-09 15:41 | ラーメン食べた

オルヴァル

にごったオレンジ。泡がよく出る。酸味のありそうなフルーティーな香り。炭酸の強い辛口。
ものの本によると香りはリンゴらしい。
ドライな中に甘味、酸味が複雑に絡み合った味らしい。
[PR]
# by taji-kistan | 2008-10-03 23:47 | お酒飲んだ

ギロチン

ゴールデンに属する。
切れ味十分で見かけも炭酸も日本のビールに近い。
[PR]
# by taji-kistan | 2008-09-21 00:26 | お酒飲んだ

サタン・レッド

濁りのある濃いオレンジ色。ジャンルはスペシャル。IPAのような味わい。フルーティな香りはりんご、干しぶどう、カラメルに例えられるそうだ。アルコールは8パーセントで強め。
[PR]
# by taji-kistan | 2008-09-15 20:53 | お酒飲んだ

ドゥシャス・デ・ブルゴーニュ

褐色のボディ。レッドビールk属する。酸味が強く、続いて果物系の甘味を感じる。炭酸は強め。
オーク樽で熟成する。
[PR]
# by taji-kistan | 2008-09-13 15:36 | お酒飲んだ

秋葉原の惨劇で思ったこと

現代の日本では、

自暴自棄になった人間がとる選択肢の一つに

①全くの他人を傷つける(殺すということも含む)

ということが当たり前に存在する

この事実をはっきりと認識し、重大に受け止めなければならない。

昔から、反乱だとか革命だとか一揆だとか
不満がドラスティックに爆発する場面はあった。

別に人間の本質はそこまで変わっていないと思う。

ただ、現代の不満の捌け口のひとつが
不幸にも何の関係もない一般の人に向いてしまっているのだ。


今回の秋葉原事件について、
あるブログに、そんなに世の中が嫌だったら出家(しゅっけ)でもすればよかったのに
という書き込みがあった。

仮に出家させることがいい解決策だとして、
そう思わせるようにすることが教育である。

世の中が嫌になって人を殺したくなったとしても
それはやっちゃいけないことです、だったら出家しなさい
と誰かが教えない限り、当人には伝わらない。

無差別殺人者に同情する余地はない。
ただ、もし今回の犯人に他の選択肢を考えさせることができていなかったとしたら、
それは教育の失敗でもある。

世の中が嫌になって人を殺したくなる心理と、
その解決策について、全国民が真剣に考える時だ。

そうでなければ、このような事件はなくならない。
むしろこれから増えていく一方なのではと思う。

こんなやるせない気持ちはで誰も味わいたくないでしょーよ。
[PR]
# by taji-kistan | 2008-06-09 00:59 | 日常の出来事

医者

医者の転職エージェントの話をテレビで見た。

2つほど感想を持った。

ひとつは、よくそのニーズを掘り出して、ビジネスとして作り上げたな~と感心したこと。

もう一つは、救急医療や外科など、訴訟リスクのある分野から医師が流出しているということに対する問題意識だ。

特に後者については、権利ばかり主張をする患者側、36時間連続勤務など人間の限界を無視している病院側、そもそも医師不足を放置する国側など様々な問題が集約されているなと思った。

患者として、クレームばっかり言っていると、そのうち自分を診察してくれる医者がいなくなるぞという危機的な状況が地方ではすでに起こりつつあるようだ。

医者も人間だ。もちろん嫌な医者もいる。
ただ、患者側が感謝の気持ちを忘れたらおしまいだ。

こんな状態だと、ますます高い報酬でしか医者をつなぎとめられなくなり、
お金のない地方では助かる命が助からなくなるという時代が来るかもしれない。

医者が病気を治してくれるのは当たり前と思っていないだろうか?
それに限らず、いろいろな当たり前が壊れ始めてきている。

食料、ガソリン、教育、医療・・・もう一度ひとつひとつのありがたみを
もう一度考えるべき時がきているのではないかと思う。
[PR]
# by taji-kistan | 2008-06-08 23:36 | 日常の出来事

思うこと

業界全体で若年層への人材獲得へ向けた広報活動が必要だ。
平たく言うと、うちの業界で働きませんかという営業活動だ。

技術系の業界はどうしても、大学や専門学校で専門知識を学んで欲しいところもある。
土木建築なんて特に厳しい。

土木系の学部に入ってもらうための業界努力は必須といえる。

学生の主体的な意思決定も大事だが、
どの業界に必要とされているか知った上で働けそうな業界を選ぶことで
あぶれる危険性を減らすこともできる。

せめて、もう少し出口と見合った各学部の定員設定はできないのか。
そしてできるだけその定員を満たすように関係各所が努力すべきではないのか。

違う学部に入っていれば普通に就職して幸せな生活ができた人間がいるのではないか。

業界のイメージアップや、この学部に入学する場合には補助が出るなどの
取り組みがまだまだ足りない。
[PR]
# by taji-kistan | 2008-05-11 08:10 | じょぶハント【2007更新停止】

たまにはお堅い話をば



独自性、スピード、人間としての魅力
1年間営業の端くれとしてやってみて重要だと感じたことです。
もし、よろしければ仕事選びの参考にでもしてやって下さい。


まず独自性。他にない商品だったら売れるんです。相手がいないので、お客さんが納得した時点ですぐ決断してくれます。

次にスピード。とはいえ競争相手のいない商品なんて少ないもので、そのお客さんに早く出会えた方が有利という場合が多々あります。

そして人間力。市場が成熟してくると商品の差なんてよく分からないレベルまで似通ってきます。そうなってくると、営業次第で決めちゃうなんてことが結構あります。熱心に説明してくれるとか、フォローがマメとか、気が合うからなんてことも含めて、お客さんが気持ちよいと感じるコミュニケーションをとれると売れるんです。

会社としては、他にない商品を開発して、できるだけ早く拡販して、さらに優秀な営業を揃える。これができれば強い。

逆に、競合が多い商品で、常に売り込みが後手後手に回り、営業が競り負けている、そういう企業はどんどんシェアを落としていきます。


独自性では、新しいものを作ろうという動きが社内に見られるかどうか気にしてみるとすぐ分かります。あっちの会社では新企画を出してきたのに、うちは去年の企画から変更点が無い、なんてことが続いているようではまずいわけです。

そして、スピードでは、現存の顧客販売網がかなりの強みになります。そういう意味ではやっぱり大企業は有利です。新規のお客さんには、まず会ってもらうことから始めないといけないわけですしね。

最後に、人間力。これは漠然としていますが社内の雰囲気を見れば分かるでしょう。やっぱり活気があって魅力のある人が多い会社には、人間力の高い社員が集まります。研修制度や経営方針、社内のルール等目に見える部分にもその会社に働く社員の姿勢が見えます。


自分に力があれば、正直なところどの会社でも売れるんですけど、成功する確率を高くするのであれば、新しいアイデアを生み出せる土壌があって、大きな販売網を持っていて、人間力を高められる環境がある会社を選んだ方がいい、だからこそ大企業に人気が集まるんでしょうけど。

ただ、大企業でも成功したのが過去のことであって、どんどん独自性を失っている企業もあります。一方でどベンチャー企業だけど圧倒的なオリジナリティーを持ってみるみる成長している企業もあります。

利益とかそういった見た目だけでなく、その結果にいたった理由をどこに見出すか、
それを是非軸にして会社を選んで欲しいと思うのです。
[PR]
# by taji-kistan | 2008-05-11 06:14 | じょぶハント【2007更新停止】