ふと思い出したキーワード

センデロ・ルミノソ(Sendero Luminoso:輝ける道)

ペルーの日本大使館占拠事件といえばMRTA(トゥパクアマル革命運動)が有名だが、もう一つのテロ組織名であるこのセンデロ・ルミノソという名前の方が当時気になっていた。

そして、頭の片隅に残っていたこの言葉が急に蘇ってきた。
人間の脳のつくりはよくわからんなー。

暴走族といっしょで血の気の多い連中はかっこいい名前をつけたがるなーという印象。

一見美しい名前とは裏腹に攻撃対象は無差別で、行動を共にしない者は全て敵という根っからの原理主義派。JICAの隊員も容赦なく狙ってくるそうだ。

この手の組織の名称は、名前がキレイなほどやってることがえげつないという法則がある気がするのだがどうだろう?
[PR]
by taji-kistan | 2006-12-14 20:14 | 日常の出来事
<< 最近調べた単語 ゲオルゲハジのゴール >>